2017.04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.06
Homeスポンサー広告トレイルラン>奥多摩トレイルラン

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.24 Thu

NO.41

奥多摩トレイルラン

一度ほとんど最後まで書いたのに消えた…絵文字名を入力してください
一応書き直すけどテンション手書き風シリーズ矢印下

昨日は久しぶりにセブンヒルズアドベンチャー主催のトレランツアーに
参加してきました。ナイス
過去2回の参加は初級コースでしたが、今回初めて中級を選択しました。
コースは青梅線鳩ノ巣駅をスタートし、御岳山・大岳山・鋸山を経て
鳩ノ巣駅に戻る約6時間の周遊コースです。
また今回は、先日購入したマルトデキストリンを使った自家製補給食の
効果も調べてみたいと思います。絵文字名を入力してください

いつものように現地集合場所へ電車で向かいます。
8:50集合なので6:30頃の電車に乗らないと間に合いません。
したがってこの日は5:30起床…。早起きは本当に苦手です。
鳩ノ巣駅周辺にはコンビニもないとのことなので、地元のコンビニで昼食の
おにぎりや大福、ようかんなどを買いました。
また現地で着替える時間もなさそうなので、この日はすぐに走れるような
トレランスタイルで電車を乗り継ぎました。まだ早朝なのでそれほど
恥ずかしくはありませんでしたが…。

予定の電車より早い時間の電車に乗れたので、予定より20分ほど早く
鳩ノ巣に着きました。
改札を出たところでこのブログでよくコメントをいただいているkageさん
声をかけていただきました。kageさんもこのツアーは気になっていたそうで
今回偶然にも同じツアーに申し込んでいたので初顔合わせとなりました。
kageさんとは同じような年齢、体型、走力ということもあって、お会いする
のを楽しみにしておりました。kageさんはブログの写真通り、なかなかの
好青年 好中年でありました(笑)
駅を出たところには恐らく同じツアーに参加すると思われる人たちが数名
待機しています。女性もちらほら。

そして本日のコースを案内していただく池ヶ谷まこと・さえらご夫婦の登場。
他のコースに参加したときに「池ヶ谷さんのコースは厳しい」と聞いていたので
ドキドキです(笑)

かなり前置き長いっすね(笑) では、さっそく荷物を預けて出発です。
今日の参加者は私とkageさんを含む男性8人、女性3人の11人です。
後で聞いた話では、今回の参加者は比較的同じような走力の人を選んで
いるそうです。走力に大きく差が出てしまうとバラけてしまい、ところどころで
待ち時間が発生してしまうから、とのこと。

まずは御岳山を目指します。鳩ノ巣駅からは当然上り基調になりますが、
まったく走れないというほどの急登ではないのでゆっくりですが走り続けます。
私の今回の課題は「できるだけ上りで走り続ける」ことと「スタートから全力」
の2つにしました。前回のレースで前半のペースが遅かったこと、それから
どうしても上りで走りきれないことを痛感したので、この日はこれを重点的に
気をつけたいと思います。

先頭は引率のまことさんが走りますが、私はできるだけそのすぐ後ろ、または
2,3番手を走るように心がけました。それはこの日の課題でもありましたが
やはり速い人の走り方を間近で見たかったからです。
また要所では走り方のコツなども聞くことができました。

ちなみにこの日はマジで走ってますので(いつもだけどw)写真が少ないです。
時間経過も明確ではありません…。

そしてあっという間に御岳山に到着!速っ!端折りすぎ?(笑)
御嶽神社 10:35着

だってとにかく上りを走り続けなのでゆっくり景色を堪能する余裕もなかった
んですよ(^_^;)
とくに御岳神社手前の急坂には参りました…。
え?ここもまだ走るの!?っていうくらいこれでもか!の上りでした(涙)

でも~最近帰宅ランしたり、週末にLSDやったりしてますが、山の急坂を
登るほうが(できれば歩きでw)好きかもしれないです。
どちらがラクとか向いてるとかいうのではなく、単純に好き嫌いの話です。
もし同じ苦しみだったら間違いなく山を選ぶなあ。

そうそう、ここまでの途中で例の自家製ドリンクを飲んでみました。
カーボショッツほどドロドロのノリ状ではなく、かといって普通の水のように
サラサラでもなく、その中間ぐらいのトロっとした液体です。
味はクエン酸のグレープフルーツ味そのもので、ちょっと酸っぱい感じが
またヨシ!文句なしに美味しい♪
これが効いていたのかわかりませんが、いつも以上に上りでがんばれた
ことは確かです。

次の大岳山に向かう途中の山小屋で昼食となりました。
いつも思うのですが、このツアーの参加者はリピーターが多いですし
(リピーターというよりほとんど固定客w)主催側もフレンドリーなので
人気があるのもわかります。
食事をしながらいろんな話をして、休憩時間の終了です。
いつもそうなのですが、一度長い休憩をとるとその後走るのに調子が
なかなかあがりません疲労
それとも最初から飛ばしすぎで、すでにメッキがはげたか?(笑)

奥の院、鍋割山を経由して大岳山に着いたのが12:20。
大岳山

向こうに見えるのは丹沢の山々でしょうか?
丹沢方面2

それにしても近くの山と遠くの山のコントラストが見事です!
見事な景色とは正反対に私の走りはだんだんと尻すぼみです(笑)
大岳山から鋸山へはアップダウンの繰り返しですが、とにかく走ります。
鋸山着が13:00。ここはほとんど眺望がありません。
鋸山

そして普通ならここから奥多摩駅方面に下りるのがルートなのですが、
ここからがセブンヒルズがアドベンチャーたる所以です(笑)
私は見ました!たしかに道標に「この先行き止まり」と書いてあるのを…。
なのにそっち行っちゃう?
まずはいきなり岩を登ります!ロープも張ってありましたよ。
ですから写真は撮れません。片手じゃ無理だって!w

帰ってから地図見ましたけど、このルートは点線になっていて今はもう
使われていないようです。それでもところどころの木に赤いリボンが巻いて
あったので通る人がいるのかな?
そしてほどなくして謎の山、「天地山」に到着!
天地山

あ、ちゃんと地図に載ってらあ(笑)
でも明らかに通常の登山ルートからは外れてますな。
そしていよいよここからが本日のメインイベント~~!アップロードファイル
猛烈な急坂が待ってました~。走るとか、駆け下りるなんてことはできません。
「ずり落ちる」もしくは「滑り落ちる」と言ったほうが正しいでしょう。
両足揃えて立っていようものならスキーのごとくズルズル~っと落ちていって
しまいます。そして最後はコケる(笑)
ズルズル滑り下りては立木に掴まり、またズルズルと滑り降りる。

立木がなくなったので鹿除け?小動物除け?の鉄製網にしがみつこうと
したところ…。針金の尖った部分で手のひらや手首を引っ掻いてしまい流血。
なぜこんなところでリストカット?(笑)
網の部分は危険!と思い、今度は支柱を掴もうとしたところ…支柱の角が
手のひらに刺さり、さらに流血( ̄ー ̄;
でも私だけじゃなかったみたい(笑)

初心者のボーゲンよりもへっぴり腰でようやく民家の見えるところまで
下りてきました。すると民家から人が心配そうに出てきます…。
どうやら遭難者と間違われたらしく、心配になって見に来たそうです(^_^;)
それほど普段は人が立ち入らない山なんでしょうねえ。

さて、ここからは2駅分ほど走って戻らねばなりません。
最後の最後でロードを走るのはキツいよな…と思っていたら、なんと
多摩川の渓流沿いの遊歩道を走るとのことうわぁ・・・

階段のアップダウンは勘弁して欲しいですが、途中で湧き水があったりして
とにかく気持ちのいいトレイルでした!
湧き水多摩川
多摩川2多摩川3

今まで丹沢や高尾を走って来ましたが、こういうルートは奥多摩ならでは
でしょうね。おかげであっという間に出発地の鳩ノ巣に着きました。
途中足を捻挫したり、肉離れ(?)をしたり、下りで転倒して立木に顎を
強打して出血した人もいましたが、大きなケガもなく無事全員走りきりましたファイト

例のスペシャルドリンク効果ですが…。
この日の食料はおにぎり2つ、それと一口サイズのようかんを途中で
食べました。それ以外は水分だけでしたが、この日の全行程約6時間、
走行距離21キロ、ガス欠になることもなく最後まで走りきれました。
プラシーボ効果もあるかもしれませんが、走りで疲れて固形物が喉を
通らないときなどは大変良いと思います。
まだ2kgの袋に相当量残っていますので、当分はこれで足りそうです。
明後日の富士山麓トレイルランでもこれで大丈夫!
ただし、昨日の筋肉痛がMAXになっている予感…( ̄ー ̄;

鳩ノ巣で解散後、希望者で河辺駅にある温泉に入りました。
ここでさっぱりと汗を流し、脚をアイシングしました。
そしてもちろん風呂上がりのプシュ!アップロードファイル (運転手のまことさん残念…)

この日の参加者にお話を聞いたところ、サブ3.5だったりハーフ1:20
だったり、ウルトラ完走者だったり…かなりの走力をお持ちでした。
そんな人たちと一日一緒に走れたということは、努力すれば私も??
しかし全員の一致した意見は「ロードとトレイルの筋肉は違う」でした。
やっぱり甘いか…(^_^;)

それにしても、この日ガーミンを使っている人が数名おりまして、その方の
GPSデータによると走行距離はおよそ21~22キロとのことでした。
帰ってから私のGPSロガー(m-241)のデータをPCに取り込んだところ…
28キロの表示。いったいこの大きな差はなに?!
たしかにルート軌跡を見ると明らかにルートから転げ落ちたような軌跡
があるためデータの取りこぼしがあるようなのですが、それにしても
5キロ以上の差が出てしまうとは…
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

お疲れ様でした

険しいトレイルでしたね~。でも楽しそう。
キツイトレイルの後だからこそ川沿いの遊歩道が余計に感動的だったのではないですか?
素晴らしい景色ですね~!!

私も出来上がった記事が全部消えたことあります。
もうホントくやしいですよね~ 

スペシャルドリンクは効果あったようですね。
何に入れていったんですか?単純に気になりました。

レイさん

キツかったけど、それ以上に楽しかったですね~。
遊歩道はほんとにいい道でしたよ。のんびり歩いてみたくなります。
もう少し暑かったら川に飛び込んでいたでしょう(笑)

記事は書いている途中でうっかりブラウザの「戻る」を押して
しまったんですよね…。全部消えちゃいました(涙)

ドリンクは自転車用のボトルに入れました。
http://www.wiggle.co.uk/p/cycle/7/Wiggle_500ml_Bottle/5360035534/
これならフタを開ける必要がないので(飲み口を歯で引っ張る)
走りながらでも飲めますよ。

No title

お疲れ様っすv-14

楽しそうですねぇ~

ざっくり教えてぇ~

高尾と奥多摩どんな違い??

有意義な一日でしたね

奥多摩トレイルラン楽しかったですねぇ~
ひぃひぃ言いながらなんとか付いていけました。皆さんほんと早すぎです!

イタさんの動きを後ろから見てるとホンと無駄なくスムーズに移動していますね。
急な登坂も平地を歩いているが如くスタスタ行くなんて不思議(笑)

高尾山天狗トレイルに向けて良い経験が積めました。
レースの合間を見つけて、また是非ツアーに参加しましょう!

katsuwoさん

簡単に言っちゃうと、やっぱり高尾は
良くも悪くも「整備されてる」感じがしました。
トレイルの道幅も広いですしね。
でもトレイルランはどっちもキツイっす(^_^;)

Re: 有意義な一日でしたね

いえいえ。あれはやせ我慢です(笑)
ケツ筋もハムもパンパンでしたから。
背中にkageさんの視線を感じたのでガマンしてましたw
トレイルの経験がロードにも生かせるといいですよね!
私はまだフルマラソンもちゃんと走っていないので、
ぜひロードも頑張ります!また行きましょう~

No title

あの~~~
>大きなケガもなく
って、充分流血してるじゃないですか!i-229

ラストまでしっかり鍛えてくれるイベントですね。 参加してみたいけど初心者クラスってホントに初心者? (以前、他のイベントの初心者クラスでどえらい目にあったことがあるので(^^ゞ)
そうそう、今日ランクリで食と運動に関しての講義ありましたけど、イタさん(kageさんのこの呼び方、頂きました!)のスペシャル、良さげですね。

Re: No title

イタさんでけっこうです(笑)

流血は脱臼とか骨折じゃないから大丈夫ですよw
他のツアーは参加したことないのでわからないのですが、
私が5月にはじめて参加したときもなんとかついていけたので
大丈夫ですよ。
カラダは筋肉痛でどえらい目にあいましたけどw

スペシャルドリンク今日も使いましたが、かなりお勧めです!

あ~またまずいの読んでしまった(笑)
奥多摩は何度かキャンプに行った事があるけど、このコース一人だったらヤバそうですね。
青梅の下見がてらに行ってみようかな~。
いつもいい情報ありがとうございます(^^)

ホシヲさん

「行き止まり」って書いてある道を無理に入って行かなければ
大丈夫だと思いますよ(笑)
奥多摩も走れる山がいっぱいあって楽しいですよね。
もうちょっと青梅線の本数が多ければいいんだけど…
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/41-39f4552b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。