2017.04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.06
Homeスポンサー広告トレイルラン>またまた富士山

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.10 Mon

NO.356

またまた富士山

またまた富士山に行ってきました。
と言っても山頂ではなく、御殿場口から双子山、宝永火口を
グルっと回って大砂走りで下りてくるというお散歩ルート。
写真大量ブログですw


2012y09m09d_140317244.jpg

こんな感じでグルっと回ってきました。
実は宝永火口を見たり、宝永山に登るのは初めてです。
備忘録的に時間経過と写真でざっくりと。

9:15 御殿場口スタート
DSC_0296_R.jpg

そうそう。御殿場口駐車場で鏑木さんに遭遇。
なにかの撮影をしていたようで、数人のスタッフやカメラマンと
行動してました。

大石茶屋から御殿場口登山道をはずれて双子山方面へ。
DSC_0302_R.jpg

ほぼなにもないので途中省略して双子山下塚に到着~。
9:50なり
DSC_0307_R.jpg

10:00 四辻
DSC_0308_R.jpg

10:08 三辻
DSC_0310_R.jpg

涸れ沢?を渡ったり、それに沿って登ったり。
いろんな植物も生息していてぜんぜん飽きない。
いきなりここに連れて来られたら「ここどこ?」って感じ。
DSC_0312_R.jpgDSC_0313_R.jpg
DSC_0315_R.jpgDSC_0316_R.jpg

気がつけば御殿庭上に到着。
10:56
DSC_0318_R.jpg
ここいらで森林限界を超えて視界が開けます。
前方には富士山頂と宝永山が見えます。
DSC_0319_R.jpg

ここから宝永山頂までが一番つらかったかな。
とにかく砂礫が歩きづらいし、そこそこ傾斜もあるので疲れます。
大砂走りで靴がボロボロになるからと古いジョギングシューズで
歩いているからなおさら歩きづらい。
DSC_0325_R.jpgDSC_0334_R.jpgDSC_0342_R.jpg

で、やっと宝永山の馬の背に到着!
12:09
DSC_0346_R.jpg

馬の背は風が強くて寒かった~((´д`)) ブルブル…サムー
せっかくなので宝永山頂まで行ってみる。
12:20
DSC_0356_R.jpg

富士山頂がすぐそこに見えるけどまだまだ遠いです。
まだ六合目より下だから…。
DSC_0358_R.jpg

さて、今日の上りはここでおしまい!
ここからはお楽しみの大砂走りです。
DSC_0363_R.jpg

下山開始!
12:40
DSC_0364_R.jpgDSC_0368_R.jpg


去年ネコさんたちと来たときは雨が降っていましたが、今年は
降られずにすみました!なので大砂走りも思う存分堪能しました。
おかげでザックにつけていたGPSロガーが吹っ飛んだらしく、
駐車場に戻ったらなくなっていた…orz
前の日に100均で買った事務用の腕カバー?を改造してスパッツ代わりに
してみたけどなんの役にも立たず(笑)
DSC_0370_R.jpg

でもって無事帰還!
13:20
こうしてみると大砂走りで1時間も遊んでいたことになるのか~。
なんだかあっという間だったんですけど。
DSC_0371_R.jpg

で、今回は時間も早かったのでデザートを食べに山中湖へ。
これも去年makoさんに教わったJOY PATIOのジェラートとパフェ。
DSC_0374_R.jpg

それから近くの石割の湯で汗を流しました。
DSC_0376_R.jpg

まだ16時過ぎだったので高速を使わずに道志みちで帰ります。
結局高尾山から高速に乗ったけど。
若干渋滞があったけど、19時過ぎにはさいたまに戻れました。
これぐらいに帰って来られるとラクかも。
けど家に着いたら思ったより足が疲れてました。
富士山パワー恐るべしです。でもクセになりそう~!



いつも登山は吉田口、練習は市役所~馬返しっていう感じで
なかなか御殿場口へ来る機会はなかったんだけど楽しかった~!


最後までお付き合いありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします
コメントもどんどんお待ちしております
  絵文字名を入力してください
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

いいルートですね
秋ならあのあたりのトレイルと大砂コースいいかもね

ハンサムネコさん

かなりニアミスだったんですね。
こちらは山頂まで行く余裕はまったくありませんでしたけど(^_^;)

はじめてのルートだったんですが惚れましたw
いつ頃まで行けますかね?
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/356-4c469de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。