2017.07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.09
Homeスポンサー広告トレイルラン>朝霧高原トレイルランニングレース 当日編

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.06 Sun

NO.33

朝霧高原トレイルランニングレース 当日編

いよいよレース当日です。起床は6時予定でしたが、他のみなさんは
5時過ぎくらいから起きていたような?一番最後まで布団の中にいたのは
私です(笑)

それでも6時前に布団から出て、窓から外を見たら富士山がバッチリ
見えました!

富士山

その後朝食を済ませ、荷物の片づけや着替えをしました。
この日の朝も鈴木さんにお会いしたので「今日は走られるんですか?」と
聞いたところ、まだツールドモンブランのダメージが残っているそうで
「一応出ますけど走れないと思います」とおっしゃっていました。が…。

今日も昨日同様かなり暑くなりそうだったので、ハイドレーションに水を1.5Lと
念のためにポカリのペットボトル500mlをザックに入れました。
それ以外にはおにぎり1つと大福、カーボショッツや塩熱飴などを持ちました。
途中、何カ所かエイドがあるのでもう少し水は少なくていいかなと思いましたが
結果的にはこれだけ持って正解でした。

9時スタートですが、20分ぐらい前からぞろぞろと人が集まってきました。

集合集合2集合3

特に開会式はなく、招待選手の紹介だけがありました。
田中正人さん、望月将悟さん、相馬剛さん、鈴木博子さん。そうそうたるメンバーです。

そして9時ちょうどにいよいよスタート!
まずはこの原っぱを駈け上がり、野外活動センターの正面を通り、しばらく
舗装路を走って東海自然歩道へと向かいます。

農道 東海自然歩道へ向かう農道

トレイル渋滞 牧場わきをぞろぞろと走る(歩く?)

東海自然歩道は背丈以上の笹が生い茂っていたり、場所によっては
かなり低く木の枝が延びています。
背の低い私にはたいした障害ではありませんが、背の高い人には
けっこう邪魔だったのではないでしょうか?(笑)

やがて草原地帯からトレイルへと入ります。
木道があったり、吊り橋もあって、なかなか変化に富んでいます。

木道吊り橋1トレイル

そしていよいよ難所と思われる竜ヶ岳の登山道に入ります。
トップの人たちはきっとここでも走るんでしょうね。
もちろん私の前後の人たちは私と同程度の走力ですので皆歩きますw
歩きながらカーボシュッツ1つ消費しました。また塩熱飴を舐めて、水分も
しっかり補給しながら登って行きます。

そしてやっと山頂に着きました!山頂から本栖湖が見えます。

山頂じゃない

しかし山頂にしてはちょっと寂れた感じ…
でもテーブルもイスもあるし…
とりあえず先に進むと、前方にデン!と山がそびえています!
ぜんぜん山頂なんかじゃありませんでした…(;´д`)トホホ

ここからの上りはいっそうキツく…
九十九折りの坂ってターンのときが疲れるんですね。一段高くなってるから。
しかもこのあたりは高い木がないのでもろに直射日光が当たります。
相当暑いです!唯一の救いは景色が良いことなのですが、生憎と富士山は
雲に隠れてしまっています。

そしてやっと山頂に!

四阿

と思ったら、またしても山頂ではなく…四阿でした(;´д`)トホホその2
ここから前方に見えるのが山頂…と思ったら、実はあれも山頂ではなく
あの向こうにもう1つピークがあって、そこが山頂でした…。
何度も騙されて、精神的にヘロヘロです。
途中振り返るとさっきの四阿が。

四阿が見える

またてくてく またテクテクと歩く…

そしてスタートからちょうど3時間。ついに本当の山頂に到着しました!

山頂1山頂2

ちなみにトップの選手はこのあたりですでにゴールしていたとか( ̄ー ̄;

山頂では数名のランナーとハイカーが休んでいました。
ここで大福とアミノバイタルを補給しました。ポカリも飲んだのですが、
一度に飲み過ぎてこのあとの下りでしばらく横っ腹が痛くなってしまいました。
でも下りは大好きです!

下りスタート

大好きなのですが、かっ飛んで走るので写真が写せません(笑)
結局下山するまで写真は撮れず…。

それにしても先週の安達太良山もそうだったのですが、実は下りで
飛ばしすぎなのでしょうか?
どうもその後のことまで考えられず、脚を使い切ってしまうようです。
かといって、下りでスピードをセーブするということはかなりブレーキを
かけながら下ることになるので脚に負担がかかる気がします。
このへんは本当に経験不足で、これから経験を積むしかなさそうです。

そして今回も脚を使い切ってしまい、ここから先の比較的フラットな道を
走ることができません。
ここからは往路で走った東海自然歩道を逆走します。
が、ぜんぜんスピードがあがりません。気持ちの良い草原の中のルート
なのですが、こちらはちっとも気持ちよくありません…。
むしろ草が足に絡む感じでとっても重い気がします。

それでも順調にチェックポイントを通過していきます。
そしてそろそろゴールの締め切り時間が気になります。
山頂がちょうど12時でしたから普通に考えれば15時のリミットには十分
間に合う計算です。しかし後半はまったく足が動かないため「まさか?」
という焦りも出始めます。
途中のチェックポイントやエイドがあるごとに「あと何キロですか?」と
聞いていました。

涸れた川の中を走ったり、また吊り橋を渡って
吊り橋2

とうとう最後のチェックポイントも通過し、あとはゴールを目指すだけです!
そしてここからは溶岩がゴロゴロした、涸れ沢を延々と登っていきます。

このエリアはあとで聞いたところ賛否両論だったようですが、私はこういう
のは大好きです♪
しかもどうせ疲れてフラットな道も走れないので、こういう岩場を歩くほうが
気が紛れるので疲れが気になりません。
けれど最後の最後にこのガレ場で疲れ切ったランナーもいたようです。

そしてこの涸れ沢が終わるといよいよゴールまで約1キロのロードです!
しかもひたすら上り…(涙)
もうね、ずっと溶岩で良かったと思いますよ、私は(笑)
だってもう走れません!しかも上りなんて無理!!

なのに…なのにですよ?親切なことに上り坂の途中でお水を配っている
ではないですか!(笑)ポカリが残っていたけどお水をいただきましたよ。
そして野外活動センター入口あたりから、ずっと応援の人たちが声援を
送ってくれます。ここを歩くわけにはいきません(^_^;)

最後の最後にすべてのチカラを振り絞って、まだ余裕があるんだぜ!
みたいな顔して走りましたよ(笑)
まああのヨレヨレのスピードを見ればバレバレなんでしょうけどね(^_^;)
それでも皆さんの声援がなければ最後は歩いてゴールしていたかも
しれません。けれど声援のおかげで最後まで走ってゴールすることが
できました!

5時間23分05秒

決して自慢できるようなタイムではありませんが、とりあえず制限時間内に
完走できたので自分を褒めてあげようと思います。
噂では途中の関門や制限時間までにゴールできなかった人がかなりいた
そうで、そんな中トレイルランを初めて3ヶ月ほどの自分が完走できたことで
少し自信になりました。

そういえば、朝お会いしたときに「走れない」と言っていた鈴木さんですが
女子の部優勝だそうです(爆)
さすがトップランナー、走れないと言いつつも走り出したら止まらない!
というところでしょうか。それでもカラダはキツかったそうで、タイム的にも
ご本人は満足していないのでしょうが。なのに私より1時間以上は速いw

その場でプリントしたラップデータをもらい、シャワーを浴びて帰り支度を
しました。このボロボロなカラダでクルマを運転して帰るのかと思ったら
うんざりです。しかもちょうど渋滞に巻き込まれそうな時間だし…。

案の定、帰りは大渋滞で河口湖インターに入るまでに一苦労。
さらに大月からビッシリ渋滞しており3時半に現地を出たのに、家に
着いたのは9時半でした…。この渋滞だけはほんとにどうにかならない
ものでしょうか。

この大会ですが今年が第1回目の大会ということでいろいろ期待や
不安などもあったようです。私が思った良かった点、悪かった点を。

【良かった点】
・参加費、宿泊費がとてもリーズナブル!
・スタッフ、ボランティアがとてもフレンドリー!
・ロケーション最高!もっと富士山がよく見えればなおヨシ!

【悪かった?点】
・事前の案内が少なく、ちょっと不安もあった
・公共機関が使えないのでクルマで行くしかない

この程度かな?
人によってはエイドが少ないとか、時間制限が厳しすぎるとか、最後の
涸れ沢の溶岩は走れないなどの苦情もあったそうです。
時間制限はたしかに私もやっとクリアした程度ですが、エイドのことや
ルートの状況はそれも含めて「トレイルレース」なんじゃないかと私は
思います。
そもそも大自然のトレイルには「エイド」なんて存在しないわけで、必要な
水や食料は本人が必要なだけ準備して出かけるものだと思います。
エイドの位置だって案内には書いてありますし…。

牧草地帯あり、木道あり、吊り橋あり、登山あり、涸れ沢あり、溶岩あり!
ボランティアの学生さん?たちは元気に声援を送ってくれましたし、
分岐点では何時間も待機して案内してくれたので道に迷うこともなく、
変化に富んだトレイルレースで本当に楽しめました。

関係者の皆様には敬意を表するとともに、あらためてお礼を申し上げます。
間違いなく、ぜひ来年も参加しようと思いました!



【朝霧高原トレイルランニングレース 前日編】
【朝霧高原トレイルランニングレース 速報編】

スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

No title

いや~~~イイレースだったようですね。
35km以上あった? とな?
えせイタリアーノさんで 5時間半近く掛かったとは!ミドルコースにしておいてよかったわ。。。来年も ミドルだな。。。

朝霧は通常でいけばそんなにとおくないのですけど(車)
渋滞がクセモノですよね~。
来年は出るぞ~~~~!
お疲れ様でした。

>Paraさん

なにをおっしゃいますやら~。
私なんてフルマラソンも完走したことない素人ランナーですよ。
ウルトラ走っちゃうParaさんならラクショ~ラクショ~♪

山頂で休んでいたら何人もの女性ランナーが休憩もせずに
走っていき、その後ゴールまで目撃することはありませんでしたから
悔しかったですっ!(笑)

でも疲れたけどとても気持ちいい大会でしたよ。
来年はぜひ参加してみてくださいね。
渋滞を避けるために前後泊つきで(笑)

No title

こんにちは。
ラルム♪のページにコメントありがとうございました。

本当に厳しい制限時間の大会でしたね。今まで何度かトレイルに出ましたが、これほど厳しいのは初めてでした。
お互いに完走でき良かったですね(^^♪

竜ヶ岳は皆さんあのベンチの所で休んでおられましたが、きっと三角点ないからここではないな~と思いながら登り続けました。山頂に着いた頃、相方から電話「今、あずまやにいるんだけど、ここが山頂じゃないよね~?」って。皆さんも何度か騙されたようですね。

鈴木さんは一緒に行ったこんたさんという方のご友人です。殆どが海外のレースに出てるので、この大会に出られてたのは珍しいと言ってました。が、流石の実力ですね。

時々、マイページで登山のご案内などしています。ご予定合いましたら是非ご参加下さいねっ。

今後とも宜しくお願い致します<m(__)m>

>ラルム♪さん

こちらこそコメントいただきありがとうございました~!

身近に同じ趣味の仲間がいないので、同じ大会で走ってたんだなという
だけで親近感を感じてしまいコメントさせていただきました(^_^;)
プロフにもあるようにまだ走り始めたばかりで、今は手当たり次第に
トレイルのレースに参加しています。

朝霧のレースも時間内完走だけを考えていましたが、予想以上に
厳しいコースで下山してからは歩いている時間のほうが多かったです。
あそこを3時間とか4時間で走るトップランナーってどんな人…と
思ったら、普段は普通の人なのでますます驚きますよね(笑)

まだ右も左もわからないことだらけなので、私でも参加できそうな
イベントがあったらお声がけさせていただきますね。
今後ともよろしくお願いしますv-363

写真うまく撮れていますね

完走おめでとうございます!
天候にも恵まれて充実した一日だったようでなによりです。
登りは永遠と続いて厳しそうですが、下りでリズムよく走れれば楽しいですよね。
しかし標高差500mの35kmで5時間23分はいいじゃないですか。
自分も来年は是非参加したいですね(完走できるか怪しいですが・・・)

Re: 写真うまく撮れていますね

ありがとうございます。
来年はぜひ一緒に参加しましょう!
私が完走できたんだから大丈夫です。
もう少し涼しければ良かったんですけどね。
やっぱり富士山が見えるロケーションは気持ちいいですね~。

はじめまして

まずは完走おめでとうございます。
同じくレイさんの所から(笑)
遡って読ませてもらいましたが、実に参考になります。
初トレイルが先月で、同じ陣馬高原下~高尾山口、その後大山登山も。
初フルが湘南なんで、怪我予防のためにトレイルのレースは自制してますが、ロードよりトレイルのが性に合ってるような気がします。
上りはキツイけど、同じく下りがめちゃ楽しいです。
日曜日に南高尾へ行く予定なので参考にします(^^)
これからもよろしくお願いしますね。

はじめまして

はじめまして~!
すてきなブログですね。
写真がいっぱいあって楽しいです。
これからも(過去記事も)楽しみに読ませていただきますね。
またお邪魔させていただきま~~すv-22

>ホシヲさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
新米ランナーなので技術的なことやエラそうなことは書けませんので
せめて写真でも載せてわかりやすく、をモットーにしております。
私も走り始めはロードですが(といってもまだ1年未満)、最近は
トレイルばかり走ってます。
南高尾や北高尾はいつ行っても人が少ないので走りやすいですよね。
ケガのないように楽しんできてください!
今後ともよろしくお願いします。

>レイさん

コメントありがとうございます。
ロクな文章が書けないので写真でごまかしてます(笑)
それに普段は平凡な日常を送ってますので、イベントがないと
なかなか更新できそうもありませんv-388
こちらこそまたお邪魔させていただきますv-363
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/33-4e695619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。