2017.06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.08
Homeスポンサー広告トレイルラン>第2回安達太良山登山マラソン

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.30 Sun

NO.29

第2回安達太良山登山マラソン

第2回安達太良山登山マラソンに参加してきました。
昨日も書いたように今朝は4時起き。
コンビニのおにぎり3つ食べて、アミノバイタルを飲んでおきました。
ウェアに着替えて、郡山のホテルを5時に出ます。
受付は5時半からですが、会場には6時前に到着しました。
すでに駐車場には多くのクルマが停まっています。

さっそく受付をしましたが、曇り空&風も強くてかなり寒いです。
ウインドジャケットを羽織ってる人もいます。
いったんクルマに戻りウィダーインゼリーを10秒で食べました(笑)
6:45から開会式とのことなのでスタート地点に集まりました。

本日の参加者は約220名?女性はそのうち1割ぐらいでした。

1開会式 開会式の様子

そしてカウントダウンとともに7:00のスタート。

2スタート直前 スタート直前。緊張感ゼロw

ほとんど最後方からのスタートです。まずは奥岳登山口関門までの
10キロを1時間半以内に走らなければなりません。
初めのうちは舗装路、そのうち砂利道に変わり、また最後は舗装路。

3オフロード 砂利道。ちょっとブレてる?

4オンロード 最後の舗装路
ブレてないじゃん!と思ったらあまりの急坂で歩いてます(爆)
なんとなく自分の弱点がわかってきました。上りがほとんど走れない…。
普段のジョギングは平坦な道ですし、山に行ったときは上りは歩く
ことが多いです。まじめに坂道を走ったことがない。今後の課題かな。

そしてスタートから1時間5分。ついに関門に到着しました!
5関門

ここでバナナ2本、水500ml、おにぎり弁当をもらいましたがちょっと
荷物になりそうなのでバナナを1本食べました。
残りはリュックに詰め、コーラを1杯もらって再出発です。
6登山口へ

いよいよここから本格的なトレイルに入ります。
この先は昨日下見してあるので…と思ったら、

道、違うやん!( ̄ー ̄;

どうやら昨日の滝や木の階段があるコースではないようです。
もう1つ登山道がありました…
7山道

つーことはまた走るのね( ̄ー ̄;
この先山頂までどれぐらいあるのかわからないので、とりあえず周りの
ペースにあわせて進みます。
途中湧き水があったのでいただきました。
(゚Д゚ )ウマー

で、「くろがね小屋」に到着。
8くろがね小屋

このあたりは小雨とガスで景色はまったく見えません。
そしてここからが本当の「登山」です。岩場あり、ガレ場あり。
9ガレ場10ガレ場下11ガレ場

だんだん周りの人のペースが落ちてきました。
いかにもランに強そうな人も息があがっています。なのにオレ平気。なぜ?
もしかして先週北高尾で鍛えたのが効いてるのか?
もちろん走れるような傾斜ではないので私も歩いていますが、次々に前の
人を追い抜きます。あのツライ山歩きも無駄じゃなかったんだなあ。

するとだんだんガスも晴れて景色も拡がってきました!
12峰の辻 「峰の辻」

向こうに見えるのが「牛の背」と呼ばれるところで、あそこを通って山頂に
向かいます。ちょっと余裕こいて写真をパチリ。
こんなところでも植物って生きてるんだよねえ。でも名前がわかんねえ~~。
13植物

そして、牛の背に到着。尾根にのぼり上ってきたのと反対側を見ると…
14噴火口

まるで月面のよう!

今までの景色とはまったく別の顔を見せてくれました。
ここが噴火口、「沼ノ平」です。
ここはガスが強く、現在は立ち入り禁止区域だそうです。

山って凄いなあ。
いろんな顔を見せてくれます。そしてエネルギーをもらえます。
なんだか急に走りたくなります!いちおうマラソンだし(笑)
カラダは疲れているはずなのに走りたくなりました。
山頂はもう目の前。一気に走るぞ~~!
15山頂へ

そして9時30分。ついに山頂に着きました!
17山頂の碑

ん?後ろの岩のほうが高くね?

そうです。本当の山頂はここではなくあの岩の上とのこと(笑)
今日のマラソンはここから下っていいそうですが、せっかくここまで来て
一番高いところに行かないわけにいかないでしょう!
岩を上って行ってきました。本当の山頂へ!
16山頂 山頂の祠

たぶん5分とか10分のロスはあったかもしれませんが、ここまで来たら
もうタイムはどうでもよくなってました(笑)
後続の人たちも岩の上まで行く人、行かないで先を急ぐ人、いろいろです。
女性が2人走ってきて、係のおじさんが「女性の2番と3番だよ」と
言っていました。女性の1番の人は10分ほど前に通過した、と。
速い…( ̄ー ̄;
女性2人も急いであとを追って行きました。

では、私もあとを追いますか。ここからは楽しみな下りですし!
とは言っても、しばらくは岩場が続くのでそれほど走れません。
また一般のハイカーが大勢いますので無理はできません。
それでもずいぶんと道を譲っていただきました。

下りは「表登山口」というところへ下りるのですが、「表」というわりに
マイナーな登山道のようでハイカーはまったくいません。
実は下りはかなり飛ばしていたのでほとんど写真がありません(笑)
18下り とりあえずの1枚

しばらく走ると先ほどの2人組の女性の1人がしゃがみこんでいます。
転倒ではなく足が攣ったとのこと。「係の人を呼びますか?」聞いたら
攣っただけなので大丈夫とのことだったので先を通してもらいました。

その先も何人かを抜き去ります。自分でも不思議なくらいまだ足が
残っていました。とにかくひたすら下りなので、相当足に負担がかかると
思います。先ほどの女性以外にも足を引きずるような男性もいました。
結局下りのトレイルでは1人に抜かれることもありませんでした。
なにより最後まで足に余裕があったことがとても嬉しい~~♪

んがっ!このあとに最後の地獄が待っていた…( ̄ー ̄;
トレイルが終わると最後の2キロはロードを走ることになります。
しかも上りだし…。
ここでも走れずに歩いていたら1人に抜かれてしまった…泣く

その後は後続に抜かれることもなくそのままの順位でゴール!
順位表彰はなし、とのことでしたが、順位と記録の入った「完走記録証」
というのをくれました。
20記録証

220人参加で61位だから1/3以内ですよね!
想像以上に上出来でビックリ!
時間は3時間46分10秒とのこと。
例によってGPSロガーの記録では全行程27キロだったらしい。
そして標高差は1100mも!
地図
高低差

そして今回の参加賞はTシャツでした。色はピンク(笑)
でも落ち着いたピンクなのでちょっと好きな色かも!?
しかも右肩にバックプリントが入ってます。
「安達太良山」
19参加賞

手作り感満載の大会でしたが、こぢんまりとして、アットホームな
大会でした。山頂の係のおばちゃんは私のゼッケン番号と参加者名簿を
見て名前で話しかけてくれました。
「○○さんは埼玉から来てるのね!」って。
「高速が1000円になったので来ました~」と言っておきました(笑)

7時スタートで11時前にゴールし、すぐ温泉に入って11時半には
出発できたので帰りの渋滞に巻き込まれる前に家に着きました。
渋滞がなければまた来年も出てみたいなあ、と思います。
昨年の大会より100名ほど参加者が増えたそうなので、来年はもっと
増えるかもしれませんね!?

大会関係者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

1962

すごい!がんばってるんですね。
私も見習わないと!

chipsさま

> すごい!がんばってるんですね。
> 私も見習わないと!

はい。
1962年生まれ、がんばっております(笑)
我ながら「なぜこの年齢になってから?」と思いますが
スイッチ入っちゃったので仕方ないっすねv-263

凄いですね

写真うまく撮れていますね。大会の状況や雰囲気が伝わってきます。
くろがね小屋は「見えてはいけない者」が写ってそうですが!
前半温存して足が大丈夫なら、後半の下りは楽しそうですね。
しかし標高差があるので自分が走るとしたら、4時間台かなぁ、
と思っていましたが3時間台とは凄いですね。
月間200km突破もおめでとうございます!!!

Re: 凄いですね

写真はあまり走っていないからちゃんと写っているのかもしれません(笑)
走りながらの写真はやっぱりブレブレで使い物になりませんでした(^_^;)
たしかにくろがね小屋のあたりはガスも濃くて一番視界が悪かった
ですから、なにか出てもおかしくないかも…。
記録のほうですが、ちなみにトップは2時間40分だそうです(爆)
1時間以上離されてますからシャレになりませんね。
やっぱり山を走るのはメリハリがあって楽しいです!
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/29-5e7f0818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。