2017.031234567891011121314151617181920212223242526272829302017.05
Homeスポンサー広告トレイルラン>高尾山ぐるり一周トレイルラン

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.22 Sat

NO.27

高尾山ぐるり一周トレイルラン

先日の宣言どおり(ちょっと後悔w)、高尾山に行ってきました。
今回は初めて北高尾山稜を走りました。

往路ルートはJR高尾駅をスタートし、駒木野から北高尾山稜に入り
堂所山経由陣馬山まで。

復路は陣馬山発、影信山・小仏城山経由で大垂水峠に出て、今度は
南高尾山稜を走って高尾駅に戻るというコースです。

南高尾山稜はすでに何度か走っていて、このブログでも紹介して
いますので、今回は北高尾山稜を重点的に紹介したいと思います。
と、書きましたが実は大垂水峠からの南山稜はすでにヘロヘロ状態で
写真を撮る余裕もなかった…というのが実状ですきゃー

では、さっそく高尾駅からの往路レポートです。
いつものように7時の電車で出発、高尾駅には8時頃着きました。
構内のトイレで着替えを済ませ、北口改札を出てすぐのところにある
コンビニで水分や昼食、補給食を購入。
JR高尾駅北口には改札の中にしかロッカーがないので、ぐるっと南口に
まわり、南口改札外にあるロッカーに荷物を入れました。
夏休みの土曜日、すでに8時半でしたがロッカーはガラガラです。
たぶん高尾山口のロッカーは危なかったでしょう。

荷物を預けたらさっそく出発です。
まずは国道20号に沿って高尾山方面に歩きます。
takao_start.jpg

5分ほど歩くと「西浅川」の交差点がありますのでここを右折です。
nishi-asakawa.jpg

ここは高尾駅から小仏行きのバスが通っています。
さらに5分ほど歩くと左側に「駒木野病院」があり、病院の次が
「駒木野」バス停です。
そのバス停手前の路地を右に入ります。
komagino.jpg

すぐにJRの線路の上を通ります。
JR.jpg

線路を越えた正面に神明神社がありますが、ここは道なりに左方向へ
進みます。するとすぐに分岐点がありますが、ここは見落としやすいので
注意が必要です。踏み跡は右に曲がっていますが、ルートは左(まっすぐ)
です。
bunki.jpg

この入り口はちょっと暗くて、普段あまり人が通っている形跡がありません
でした。九十九折りに2~3分も歩くと上に中央自動車道が走っています。
この高架下をくぐるとすぐに取り付き口があらわれます。
看板がかかっているので見落とすことはないでしょう。
ちょうど9時にここから山に入りました。
torituki.jpg

ここからはずっと道なりに。10分も歩くと出ました~~!
「地蔵ピーク」
トレイルの真ん中にお地蔵様が鎮座しておられます。
ここまではまったく案内がないのでホッとします。
jizoupeak.jpg

ほどなく進むと最初の分岐点(?)
しかしご覧のように通行止めになっています。
kinsi.jpg

地図で確認するとこの道は点線になっており、今は使われていない
ようです。案内に従って、八王子城跡方面に向かいます。
kinsi2.jpg

噂には聞いていましたが、北高尾山稜はとにかく小さなピークが
いくつもあって、またまき道がないためアップダウンが多く、とても
疲れます。このあたりはほとんど走れないような気がします。
ただ心肺と精神の鍛錬にはいいかもしれません(^_^;)

ほとんど歩きの状態で富士見台に9時40分に到着です。
fujimidai.jpg

例のごとく富士山は見えません…困り顔
そして陣馬山まで9.1km、徒歩約5時間の表記です。
fujimidai2.jpgfujimidai3.jpgfujimidai4.jpg

次のチェックポイントは「杉沢ノ頭」。富士見台から5分もかかりません。
ここはロープが張ってあり、進路はこの看板方向ではなく
sugisawa.jpg
真向かいにある、この御札の方向へ下りていきます。
sugisawa2.jpg

takadokke.jpg
たぶん高ドッケのあたり。

その先でいったん林道に出ます。地図の看板で現在地を確認。
rindou.jpg

まだまだ先は長い( ̄ー ̄;
しかもいい加減疲れているので写真が傾いてるし(笑)
でもまだ時刻は10時をすぎたばかりです。

そして次のチェックポイントは
「黒ドッケ」
時刻は10時35分です。
kurodokke.jpgkurodokke2.jpg

たぶんこのあたりは気持ちよく走れたような気がします。
相変わらず小さいピークはいくつもありますけど。
そして11時25分、堂所山に到着。そう言えばここまで3人ほどのハイカー
にしか会いませんでした。ランナーは1人もいなかったな。
堂所山でお話したハイカーのかたにも「ここは走れないでしょ?」と
言われました。まあ走ることだけが目的でもないのでいいんですけど。
dodokoro.jpg

さて、往路の目的地である陣馬山に到着です!
jimba.jpg
時刻はジャスト12時。ちょうど3時間かかりました。
遅くたっていいんです!ここまで来ることに意義がある。(自己弁護)

さっそくランチ。例によってコンビニのおにぎりですがなにか?
今日は豆大福つきですがなにか?
lunch822.jpglunch2.jpg

ここで20分ほど休憩して、さっそく復路へ向かいました。
が、このあとはほとんど時間を記録していません(笑)
これ以降はGPSロガー(m-241)からの情報です。
とりあえず小仏城山まで走ってそこで休憩しよう!ってことで、城山着が
13時30分。とにかく喉が渇いたのでコーラを一気飲み。
ところがここで大失敗をして、そのあとの行動に大きな影響が…

今日はハイドレーションに1.5Lの水と、500mlペットボトルの
スポーツドリンクを持っていたのでまだまだ残っていると思いこんで
いました。そのため小仏城山ではコーラは飲んだものの、残りの分量を
チェックしませんでした。

ここから大垂水峠を経由して南高尾山稜を走るので、途中に売店など
一切ありません。
そのまま小仏城山を出発してしまい、大垂水峠まで一気に下って
いきましたが…出発後すぐにハイドレーションが空になってしまいました。
ペットボトルにわずかなスポーツドリンクが残っていたので大丈夫だろう…
と思ってしまったのが2つ目の失敗。
城山まで戻るにはずっと上りになるのでためらってしまったんですよね…。
この日はとにかく蒸し暑くてもの凄い汗でしたからいつも以上に水分補給を
していました。

大垂水峠で国道に出たところにラーメンやがあったので、もしかしたら
自販機があるかも?と思い覗いてみましたがありませんでした。
まだペットボトルに少し残ってるし…という甘い考えで、大垂水から
南山稜に入ってしまいました。

いつもは高尾山口から大垂水に向かって走っていたので、この日は
いつもと逆ルートになります。同じ道でも逆ルートになるとぜんぜん様子が
異なりました。大洞山までずっときつい上りになるのですが、残りの水が
少ないため水分をとりませんでした。
また補給食も持っていましたが、水がないと喉を通りそうにありません。
仕方なく塩飴を舐めながら走り続けました。

大洞山を過ぎてから体調の異変に気付きました。
とにかく脚が前に出ません。吐き気がします。胸のあたりが苦しくなって
きました。
これはマズい…と思って、残っているわずかなドリンクを少しだけ飲みました。
集中力もなくなっているので、下りでも走ることができません。
熱中症?脱水症状?ハンガーノック?初めての経験でした。

それでも景色のいいところではちゃんと写真を撮ってるオレって…w
tukuiko.jpg

でもさすがに陣馬山を出てから撮ったのはこの1枚だけでしたね(^_^;)
途中道を間違えたか?と少し戻ってしまったり、草戸山の山頂で20名ほどの
学生?が集団で歌を歌っていたり(邪魔だよ!通れないよ!うるさいよ!)
よけいに疲れてしまいました。

計画ではこのままJR高尾駅まで走りきるつもりでしたが、とてもそんな
気力も体力も残っておらず、四辻から高尾山口へ下りてしまいました。
高尾山口駅前に到着したのが16時20分頃でした。
陣馬山を出てから4時間以上もかかっています。
高尾山口から京王線で高尾駅に移動し、急いでロッカーから荷物を出して
「ふろっぴぃ」行きの送迎バス乗り場に向かいました。
5分ほどの待ち時間でちょうどバスが来てふろっぴぃに向かいました。

風呂に入るときに体重を量ってみたところ53キロ以下になっていました。
通常時より3キロほど減っています!ほとんどが体内の水分でしょうから
どれだけ水分補給を怠っていたのかがわかります。
はっきり言って無謀ですよね。
なんとなく長風呂も危ない気がしたので、汗や汚れを流し、水風呂で脚を
冷やしてケアしました。

その後送迎バスで高尾駅まで戻り、電車を乗り継いで家に着いたのが
19時半。長い一日がやっと終わりました。
なにごともなく(?)めでたし、めでたし…ってヲイっ!

本日の走行距離:35km
本日の走行時間:7時間20分(休憩時間を含む)


今日思ったこと:
・水は2Lほど持って出たが、この程度では足りない。
・補給食は水なしで補給できるものが良い。ジェルなどを水で薄めて。
・同じ道でも逆ルートになると性格がまったく変わる。
・キツイ上りでは足だけでなく手も積極的に使おう。手袋も忘れずに!
・それでも人間は強いw アノ状態で写真を撮る余裕があるとは…
・そしてなによりまだまだ体力も技術も不足していることを痛感。

zenkei.jpg
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

No title

お疲れ様でした。大変だったようですね

私も北高尾山稜は八王子城跡から入って
堂所山まで走った?ことがありますが
途中で間違って作業用の道に入って
しまい、危ない思いをしたりしました

また、寄らせていただきます

Kazuさま

コメントありがとうございます。
八王子城跡も一度ゆっくり見て回りたいと思ってるんですよ。

たしかに北高尾は人も少なくて、踏み跡もはっきりしないので
道を間違えやすいですよね。
地図に載っていないような作業用の道もありそうですし。
一人だと本当に心細いです(^_^;)

新米トレイルランナー(人間は古いですがw)のブログですが
これからもよろしくお願いします。

No title

すご~い!まさに詳細レポ、ランともどもお疲れ様でした。

いや、でもホント ヤバイ状態にならなくって良かったですよ。
夏のトレイル、ワタシは20km以上の時は2リットル背負って500のペット1本は最低必要ですね。
水があるところではかならずペット飲みきって、新しいもんを買っておく、とか。とにかく凄い汗っかきなんですよ。だから塩分濃度も気をつけないと足攣りますからね~~。
何かで ランの後 1km以上の体重減少は既に水分供給不足って書いてありました。

そうそう、笛とか持ってお山入ってます?単独の時はワタシは必ず持参してます。
いや~でもお疲れ様です。ワタシも挑戦したいルートです!

>paraさん

ほんとにねえ…、今回はいい経験になりました。
私も人並み以上に汗っかきなんですが、普段からあまり水分を摂らない人
なんですよ。いつものクセで怠ってしまいましたが、次回からは気をつけようと
思います。

ちなみに笛は背負ってるルーファスのバックルのところについてるから
いいかな~と(^_^;)
いちおう熊よけの鈴はぶら下げて走りました。

キツかったけど、静かでいいところですからぜひトライしてみてください!

楽しそうなルートですね

丸一日のサバイバルお疲れ様でした。無事に生還できて良かったですね。
色々反省点があったようですが、行動がプラス思考でいいじゃないですか。
失敗しないと経験は積めませんし、人に教えることもできませんからね。
自分は大変参考になりました。
やばい状態でも写真を撮るように心がけます(^^)V

Re: 楽しそうなルートですね

> 自分は大変参考になりました。
> やばい状態でも写真を撮るように心がけます(^^)V

( ̄△ ̄;)エッ・・? そこ?(笑)
たしかに今回このような経験をしておいて良かったです。
これがレース中だったり、もっと高度のある山奥だったら
大変ですもんね。
こうやって大人になっていくんだなあ…w

初めまして~

レイさんのブログから飛んできました~

超分かりやすいですね。参考にさせてもらいます。
また遊びにきまぁす。
そんでもって
行ってきたらまた報告しまぁ~す

>katsuwoさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
ぜひ参考にしてください!でもタイムは参考にしないでください!
私、遅いですから(笑)
報告楽しみにしてますね~。
今後ともよろしくお願いします!
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/27-4f27ce0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。