2017.081234567891011121314151617181920212223242526272829302017.10
Homeスポンサー広告その他>元気出していこう!

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.14 Mon

NO.251

元気出していこう!

今朝はJRが運休していたため、新宿まで自転車通勤しました。
運休が昨日の時点でわかっていればもっと事前に準備できたのに…。

まあ、そんなことはさておき。



大地震から3日たち、ますます被害の大きさが明らかになるとともに
いかに人間が自然の前では無力であるかを思い知らされました。

被災地はもちろんのこと、被災地から遠く離れたわれわれの地方でも
食料や生活用品、ガソリンなどが品不足となっています。
一部では計画停電なども実施され、今までの日常生活とはかけ離れた
生活が目の前に迫っています。

電気が使えないだけでなく、マンションなどでは給水タンクに水が
汲み上げられなくなり、断水するかもしれません。
ガソリンの供給が追いつかないため、クルマも思うように使えません。
必要な生活用品が手に入りません。
コンビニでさえ、パン、おにぎり、お菓子、乾電池が買えません。
クルマで買いに行くこともできません。

電車が動かないので出社できない人が大勢います。
仕方なく休業にせざるを得ない企業もあると思います。
企業や工場が稼働できないので品不足が解消されません。
かと言って、家にいてもいつ停電になるかわからないのですが
無闇に外出することもできません。

普段ならこんなに時間がある時は間違いなく走っているであろうランナー
でさえ走る気力がわきません。

マラソン大会の開催について賛否両論あるみたいですね。
被災地のことを思えば中止にすべきだ!
いや、早い復興を願って開催すべきだ!
どちらの言い分ももっともだと思います。


えーと、なにが言いたいのかと言うと…
この問題は単に「中止だ!」「開催だ!」という単純なことでは
ないんじゃないかと思うのです。
今、日本は、日本人は、負のスパイラルに陥っている気がします。
日本人全体的に元気がなくなっているような気がします。
被災地の人々を励ますために、被災していない人々が元気でなければ
いけない気がします。
自分たち、子供たち、孫たちの未来のために前に進まなければ
いけないと思うのです。それにはエネルギーが必要です。
エライことになった…と肩を落としてばかりじゃダメだと思うんです。

たとえば小さな町のマラソン大会が予定されていて「災害のため
中止です」としてしまうのか。それとも「みんなの元気を届けよう!」
と開催する。その代わり本来参加賞となるはずだったスポーツタオルや
Tシャツは被災地への支援物資にしてもらう、とか。
それならマラソン大会やらなくても物資だけ送ればいいじゃないか、と
言う意見もあるでしょうが、走ることで大会参加者が元気になって、
それがなんらかのカタチで被災地の方々のチカラになるのなら
中止することだけが「善」ではないと思うのです。

元気があればなんでもできる!
正直なところ今までは「ギャグ?」と思っていたこの言葉も、今なら
素直にうなずけます。

停電、品不足、交通マヒなど不便なことはたくさんありますが
こんな時こそカラ元気でもいい、元気よくいたい!と思ったのでした。

なんだかとりとめのない文章と的外れなこと書いてたらごめんなさい。



でも…元気出していこうよ!
明日もカラ元気で頑張ります!(笑)
これからも応援よろしくお願いします
コメントもどんどんお待ちしております
  絵文字名を入力してください
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

そうそう
負のスパイラル それですよ。
もちろんそのような状況じゃないという意見もすごくわかります。
ただ日本人のマインド自体が落ちていくのは違うと思います。

そう、辛い時ほど笑えって言うよね。
笑顔って元気の源。
板橋が中止になって返金がどうのこうのって話になってるけど、参加賞のTシャツだけ貰って残りは義援金へがいいかなと思ってた。
どうせなら、何万枚もあるTシャツを送るって考えもあったね。

ハンサムネコさん

毎日のTV報道を観たり、日常生活の変化を考えたら
「元気出せ」なんて軽々しく言えないんですが、それでも
復興は誰かがやってくれるわけじゃなくて、私たち自身が
やらなきゃいけないですもんね。
うつむいてばかりいられません。

ホシヲさん

でしょう?
言っちゃ悪いけど、貰っても着ていないTシャツがいっぱい
あるはず(^_^;)
この季節に半袖の、しかも速乾性Tシャツなんて…と思うけど、
それでもまだ一度も袖を通していない新品だし、くたびれた
古着よりは喜ばれると思うんですよね。

この記事読んで元気が出てきました。

色々起ってきた出来事に、様々な考え方があって当然ですが、
元気を失くすことまでしなくていいですよね。

元気良く行きましょう!

スーパーノブノブさん

ありがとうございます。
実はこの記事は自分への叱咤激励の意味も込めて
書きました(^_^;)
なのでまずはカラ元気でもいいから元気出して行こう!
と思って文字にしてみました。

早く本当にみんなが元気になれる日が来るといいですね!

おっしゃるとおり!

参加賞を、被災地に送るということは考えもつきませんでした!

私も、連日の報道であったり、自分の東北赴任などを考えていて、かなり疲弊していたのですが、

体が動くこと自体に感謝して元気出していかなければならないですね!

おっしゃりたいこと、凄く分かります。
単に物資だけの話をしているのではなく、精神面を含めてですよね


スポーツは人の心を変える不思議な力があると信じています。すぐには無理かもしれませんが、運営上で可能な範囲において、開催されることを強く願います。

修造さん

参加賞を被災地に…そう簡単にいかないこともあるのでしょうが
なにもかも否定してしまうよりいいですよね。
転勤の話も宙ぶらりんになったままみたいですね。
このままなかった話にならないんですかね?(^_^;)

みんみんさん

マラソン大会だけに限らず、他のスポーツだったり、歌や
お芝居だったり、あらゆることが「自粛するのが正しい」
っていう風潮はマズい気がしますね。

八百長は良くないけど、それでもTVの相撲放送がなくなって
寂しい思いをしている老人がいる、なんていう話を聞くと
ちょっと考えさせられますしね。(それにあれは協会の体質が…)

Tシャツを救援物資に

まじめまして。Jun/Gと申します。
突然の書き込み失礼します。

私もマラソンを趣味にしているものなのですが、
今回の地震で何か出来ないか?を考え、

まさに書き込みにあるように
家にあまっている参加賞のTシャツを集めて、
救援物資として送れないかと考えて、
同じような考えで活動を行っている方や団体がいないか調べていたところ、ここに来ました。

率直にお聞きしたいのですが、参加Tシャツを集めて支援物資として送る団体があれば協力してもいいかな?
と思っていただけるものでしょうか?
また協力してもいいと思っていただけた場合、何枚位Tシャツおありですか?

今は友人の所属する団体に協力して頂けないか声かけしており、団体として動けるかどうかまだ分かりませんが、出来ましたらご意見頂ければと思います。

また、中止になった大会のTシャツを送るのって、よい考えですね。
お話参考になりました。

Jun/Gさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。
残念ながら今までもらった参加賞Tシャツはどんなにデザインが
気に入らなくても1度は袖を通してしまっています。
なので新品ではありません。しかもせいぜい10枚前後だと思います。

一方でここ数日間で中止が発表されたマラソン大会が数多く
ありますよね。中にはすでに参加費を払ってるのだから参加賞は
欲しいという人もいるでしょうが、それ以上に救援物資として
被災地に送って欲しいと思ってる人がいるような気がします。
普通の大会なら参加者数千人、多ければ1万人以上の参加者が
いますから数万人分になりますよね。

どこかのサイトで被災地の人たちは思うように入浴ができないので
たとえ半袖のTシャツでも大変ありがたい、と書かれていました。
支援したい、送りたいけどどうすればいいのかわからない。
そういう人、とても多いと思います。
私にはこれ以上良い知恵も実行力もありませんが、そういう団体が
あれば協力したいと思います。頑張ってください!

ありがとうございます。

返答ありがとうございます。
読ませて頂いてとても力が湧いてきました。

実際仲間何人かに聞いたのですが、新
品のままとってあるという人は思ったより少なく、
えせイタリアーノさんのように一度は着てるか、
友人にあげちゃってると言うのが多数でした。

でもマラソン人口はかなりのものだし、
皇居でプラカードもって一ト月でもいたら結構な数あつまるかなぁとも思ったり・・・。

いずれにせよ、数集めるには告知方法が大切になるとおもいますので、
谷川真理さんのブログなど有名ランナーの方や
中止になったマラソン大会の実行部などにアプローチしてみようと思います。

意見おおいに参考になりました。
ありがとうございました。

PS
また、何かあれば意見等聞かせて頂くかも知れませんが、
その時はよろしくお願い致します。

Jun/Gさん

大会のエイドに置く予定だった水やバナナを被災地に
送ることにしたという大会もありますから、Tシャツを
送ることも難しくないのでしょうけど、参加者全員の
承諾を得るには時間がかかりますね。

いろいろクリアする問題は多いと思いますが、ぜひ被災地の
みなさんのチカラになれるよう頑張ってください。
応援していますし、私ごときの意見でよろしければ
またコメントしてください。
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/251-ccce51b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。