2017.07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.09
Homeスポンサー広告トレイルラン>信越五岳ボランティア 行ってきました

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.20 Mon

NO.230

信越五岳ボランティア 行ってきました

信越五岳トレイルランニングレース2010に行ってきました。

結果は相馬選手が連覇達成でした。



レースの詳細は出場した方々がたくさん書かれると思いますので、そちらを
御覧ください。
私はボランティアとして参加してきたので、選手以外の立場からいろいろと
書いてみたいと思います。

私の配属は「コース案内係」として90kmより少し手前に配置されました。
ここは戸隠神社奥社方面から鏡池を経由して戸隠神社中社付近で方向を変え
最後の関門兼第8エイドへと登っていく十字路です。
Course0920.jpg向かって左の道から来て、鋭角にターンし右の道へ

すぐ近くには「足神さん」というランナーにとってはありがたい神社が
あります。もちろんお参りしてきました。
足神さん 足神さん2

この場所には私ともう1人男性が配置され、2人1組での活動となります。
実際12時間以上にもおよぶ活動でしたのでけっこう疲れました。
それにあまり陽が当たらない場所なのでかなり寒かったです。

この日は朝の4時にクルマで家を出て、途中休憩をいれながら集合場所の
妙高高原支所に8時半ごろ到着しました。
郵送されてきた案内には9:20集合とか9:30集合とかごちゃごちゃに書かれて
いたのですが、なぜか9時から全体会議が始まりました(笑)
おまけに配置場所へはバスやクルマで送迎してくれるように書いてあるの
ですが、なぜか私のクルマで行くことに(笑)
現地についても駐車場がなく、ほとんど路駐状態に…。
けっこう(というか、相当)アバウトです。

そしてボランティアには特典としてTシャツが配られ、それを着て活動を
します。また昼と夜のお弁当やお茶が支給されたり、前後泊のホテルを
提供してくれます。(私は当日移動なので後泊だけ)

仕事内容は選手がコースを間違えないように十字路に立って誘導する
のですが、それ以外にも選手の応援や的確な情報提供、棄権したランナー
の収容なども行ないます。

コースの誘導は、コース上にたくさん看板も立っていますので、
看板0920
注意すれば間違えることはないと思います。
実際に一番選手に役立てたと思うのは「情報提供」だったと思います。
特に後半ここを通過する選手は必ずといっていいほど、
「次のエイドまで何キロですか?」「ここから上り?」「ここは
何キロ地点?」といった質問をしてきます。

「次のエイドまで3kmです!」「残念ですが、ここからず~っと上りw」
「ちょっと先が90kmポイントです」などと答えると、たいてい皆さん
「くそ~!上りかよ!」とガッカリします(笑)
また、そのエイドが最終チェックポイント(関門24:00)なので
23:00過ぎに通過するランナーはかなり時間を気にしていました。

それから私たちが気にしてやっていたのは「選手への声かけ」です。
遠くに選手の姿が見えたら「ファイトー!」と声援を送り、目の前を
通過するときには「頑張ってください!」などの声をかけます。
(ただ民家が近くにあったので夜に入ってから地元の人に叱られて
自粛しましたがw)

だいたいのタイムスケジュールは以下のとおり。
4:00 自宅出発
9:00 全体会議 その後各班で説明あり
11:00 現地にて待機開始
14:20 やっとトップの選手(相馬さん)通過(笑)
TOP_Runner.jpg
24:30 タイムオーバーの選手収容
1:30 撤収作業完了
2:30 ホテル着&就寝
9:30 チェックアウト

とにかく11時に現場に着いて、最初の選手が来るまでが長かった…



長くなってきたのでいったんここまで。


最後までお付き合いありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします
コメントもどんどんお待ちしております
  絵文字名を入力してください
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

ここは本当にだれかいないと直進してしまうような十字路ですね。
イタさん達がいなかったら相当な人がコースアウトしちゃったでしょうね。
長い時間お疲れ様でした。
信越まで行って走りたくなってしまうのも無理もないですね。
足神さんの御利益がありますように!

レイさん

選手だけでなく、大勢のハイカーさんにも道を聞かれました(笑)
みなさん地図は持っているようですがわかりづらいみたいで。
選手が通るようになってからはあっという間でしたが、最初の
待ち時間は長かったですね~(^_^;)
足神さんの御利益があるといいんですが…
お賽銭が少なすぎたかも?(笑)

ボランティアのスケジュール、かなり大変そうですね。
体力ないと出来ませんね。
あと、好きじゃないと。
山の中で夜中の撤収作業とか怖いですもん。おばけが。…いない?

COHARUさん

たしかに12時間以上ずーっと立ったままで疲れましたが
選手はもっと長時間走り続けていますからね。
あ、選手が通らないときはイスに座ってましたし(笑)

実は私たちのポイントのすぐ近くにお墓がありまして、
夜中にライトだけで走ってくるランナーはドキッとした
そうです。

何人かの選手に「アレお墓ですよね!?寒気がしました…」
と言われました。でもなぜかビビるのは男性ばかり…(笑)
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/230-e740f38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。