2017.051234567891011121314151617181920212223242526272829302017.07
Homeスポンサー広告ウルトラマラソン>野辺山ウルトラ 後半戦

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.20 Thu

NO.183

野辺山ウルトラ 後半戦

それでは後半~ゴールまで一気に。(前半部分はこちら



カツウォさんとハンサムネコさんに出会うちょっと前、馬越峠からの
下り坂をかっ飛んで走る美ジョガー発見!
でもなんとなくかっ飛びかたが尋常じゃないというか、追い立てられて
焦っているような走りに見える。

たぶん残り24km程度、制限時間まで4時間ほどあったと思うので
その時はなんで彼女が焦ってるのかわかりませんでした。
なんとなく嫌な予感がしたので私もその後を追いかけました。
結果的にそこで安心して走ってたら制限に間に合わなかったと思います。

その後応援に来てくれた彼らに会って、着替えエイドで少しお話。
ここでもそばを食べて、残り時間/距離を確認して再出発。
残り13kmほど&2時間ちょっとだったと思う。

これなら間に合う。この時間違いなくそう思いました。

「この先にえげつない上りがあるよ~」
2人から聞いていたのでショックはなかったのですが、ここでも速そうな
さっきとは別の女性が焦って走っていました。

「このペースなら間に合いますよね?」と聞いたところ
「たぶんムリ」という予想外の返事
「でもマジメに走れば間に合うかもね。」とのこと。

どうも時間の感覚がおかしいのか、計算がおかしいのか、自分の想像以上に
ペースが遅いのか、とにかくこのままではヤバいらしい。
その女性はもう足が動かないらしく半分諦めているようでした。
私もまだ半信半疑でしたがとにかく先を急ぎました。

残り7キロぐらいからはダラダラの上り坂。おまけにちょっと強い向かい風が
吹き始めました。
この区間、恐らくアートスポーツの鈴木さんと思われる方と抜きつ抜かれつを
繰り返していました。

鈴木さんと言えば何度もウルトラマラソンを完走されている方ですから
この人についていけば大丈夫!そう思いながら走っていました。
(鈴木さんもギリギリで完走されたようですがw)

そしていよいよ残り3kmに最後のエイドがありますが、誰も立ち寄る人は
いません!みんな自分の置かれている立場に気づいているからです。
遠くに会場のアナウンスが聞こえてきます。
「残り24分で~す!」
残りをキロ8分で走れば間に合います!でもその時は正直ダメかと思いました。
キロ8分で3kmを走り通す自信がなかったのです。
ついでにまたトイレに行きたかったし(爆)

残り2km地点で時計を見ると、今の1kmはちょうど8分かかっていました。
このままのペースで走ってもギリギリでかなり際どい状況です。
約100kmを14時間近くかけて走ってきたのにギリギリで間に合わなかったら…
そんな思いばかりがアタマを巡りました。

そしていよいよ最後の1km!1kmがこんなに遠く感じたことはありません。
いつもならたったの4~5分、自宅から駅までの距離程度なのに。
残り数百メートル!JRの踏切を渡りました。
係の人が車両を停めてくれていました。

最後のコーナーを曲がる手前でまた彼ら2人が応援してくれました。
大丈夫!間に合う
って言われたけど、もうわけがわかんなくてスピードを落とすことなく
ゴールに向かいました。
ゴール手前には大勢のギャラリーがいて、まったく知らない人たちが
ハイタッチで迎えてくれます。
この時点でやっと「間に合った」と思えました。

そして制限時間3分前にゴォーーール!
すぐにメダルをかけてもらいました。重た~~い!

あの時、馬越峠の下りでかっ飛んでいる女性について行かなかったら?
あの時、「たぶんムリ」と言われていなかったら?
最後にどうしてもトイレをガマンできなかったら?(笑)
今から思うとほんとに運が良かったみたい。

こうして人生初のウルトラマラソンは幕を閉じたのであります。




最後までお付き合いありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします
コメントもどんどんお待ちしております
  絵文字名を入力してください
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

やっぱり頼りになるのは女子なのね(笑)
来年も100kmに出るなら、後半のコースも知っとかないとヤバそうだね。

馬越峠から

イタリアーノさんは馬越峠では私の前にいたようですね。どこで追い越したのかしら?
 87kmで残り2時間は危険信号。よく気がつきましたね。必死に走らないと間に合わないです。おまけにアート鈴木さんに遭遇。完走ギリギリラインではないですか、スリル満点です。
 でもよく考えると、運がよい!残り3分といえばわずか350m後方にいれば確実に間に合わない距離。
 時間切れでは、後悔ばかりになってしまいます。
 100kmの後半50kmは、ペースより先へ進む気持ちが大切です。 

約14時間を走り続けられるって、凄いです。
労働基準法だって8時間も労働したら1時間休憩入れなきゃイケナイんだから。(笑)
それだけ長時間、何かの運動をし続けた事って、今までの人生を振り返ってもないです。
なんか、これ完走できたら、すごい自信がつきそうですね!

ホシヲさん

だって速そうな女子についていけ、ってアドバイスもらってたからw

前半はなんとかなるけど、後半はちょっとしたUP/DOWNもタイムに
あらわれるので、コースを知ってるほうが心の準備ができると思う。

来年は出る前に一度試走してみる?(笑)

shintakさん

87kmの着替えエイドで入れ替わったんでしょうかね?
そこでウェアを着替えたり、おそば食べたり、トイレ(また?)に
入ったりしましたので。
本当に運が良かったと思います。途中で声をかけた女性に、ちゃんと
走らないと間に合わない、と教えてもらわなければ時間切れだったと
思いますし。

たとえ1秒でも制限時間に間に合うか、間に合わないかでは天国と地獄
ほどの差があったと思います。

COHARUさん

COHARUさん、すっかりお仕事モードですね(笑)
そっか!14時間走った私は残業代もらえますね。
しかも休日出勤(笑)ちなみに休憩はたくさんしましたw
ウルトラはスピードよりもどれだけ長時間運動を続けられるか、
なんでしょうね。だから女性向きなんだと思います。
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/183-0fa5bf34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。