2017.09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.11
Homeスポンサー広告トレイルラン>南高尾山稜-陣馬山-高尾山トレイルラン

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.05 Sun

NO.18

南高尾山稜-陣馬山-高尾山トレイルラン

関東トレイルランの定番コースである高尾山-陣馬山を初めて
走ってみました。
たぶん小学生の時以来の高尾山だと思うので、事前にいろんな
人のブログなどを拝見し、念入りに下調べをして出かけました。

takao.jpg

朝6時起床、7時の電車に乗り高尾山口駅に8時過ぎに到着。
案外近いということが判明しました。
eki.jpg

駅前のトイレで着替えてコインロッカーに荷物を預けます。300円なり。
以前の丹沢トレイルでは、それらしき人はまったくいませんでしたが、
さすがは高尾山。一目でトレイルランナーとわかる出で立ちの人が大勢
いました。ほとんどがグループで走りにきていますが、私は一人(笑)

これまた事前に調べたとおり、王道(?)の高尾山ルートではなく、もっと
南側の南高尾山稜ルートを走ることにしました。

8:30 駅前出発
入り口がわかりづらいとの噂なのでこれもちゃんと下調べして…
大野屋の手前の細い路地を入り、突き当たりを右へ、そしてまた民家の
脇の細い道から山道へと入ります。

まず出だしはゆっくりと、最初のポイント草戸山到着が9:07。約40分経過。
ここまでほとんど人はいませんでした。もちろんランナーにも会いません。
その先は少し細いシングルトラックでハイカーのあとをついて歩きました。
狭い場所でのマナーです。しばらくすると、道を譲ってくださいました。
10:00大洞山通過、大垂水峠で国道を渡るころが10:10。
ここから城山までキツイのぼりです。このあたりは本当に誰もいません。
ですが、あまりにも傾斜がキツイのであまり走れる場所もありません。

ところで、いつも通りデジカメで記録を残しながら走るつもりだったのですが
駅前で1枚写真を撮ったあと、次に電源を入れたら「電池がありません」
の表示( ̄ー ̄;
昨日、満充電にしておいたのにそんなはずは…。
とりあえず写真は諦めて今日はひたすら走ることに専念します。
初めてのルート、しかも一人なので迷子になっても困りますし。

城山着、10:40。ちょうど2時間かかりました。初めてなのでこれが速いのか
遅いのか見当がつきません。(速いはずはないのだがw)
さすがにここまで来ると、高尾山方面から来たと思われるハイカーの方が
増えてきました。
昨日が雨だったのか、最近ずっと雨だったのか、かなり道がぬかるんでいる
ところが多く、少々走りづらい道です。

丹沢も雨の翌日に走りましたが、ここまで道悪な場所はなかったような…
土の質が違うんでしょうか?それとも通る人の数が多いから?

城山はサクッと通過し、ついに念願の?小仏峠を通過します。
ここはかの有名な中央高速小仏トンネルの上、なんですね。
実際走ってみると…どうということはなかったです(笑)
そしてそのまま影信山到着。11:10といったところでしょうか?
ここでちょっとベンチに腰をおろして、カーボショッツを補給します。
さらにここで500mlのペットボトル1本が空に。残りはもう1本だけですが、
高尾山~陣馬山まではところどころに茶店もあり、ジュースやビールが
買えるとあって、あまり心配はしていません。
さらに今日はハイドレーションタンクも背負っていません。

ところでこの時点ですでに出発から2時間40分が経過。
休憩時間を入れて、全行程6時間程度を見込んでいましたので、ここで
引き返すか、がんばって陣馬山まで行くか考えました。
というのも、かなり道がぬかるんでいるので走れる区間が少ないのです。
と、一応言い訳しますが、もちろん先へ進みました(笑)
ここまで来て、目的地まで行かないテはないでしょう。
それに帰りは下り主体になるのでもう少し時間は短縮できると読みました。

そしてついに目的地の陣馬山に到着!時刻は12時をちょっと回りました。
往路の所要時間は約3:30です。ここで休憩をとり、昼食を食べました。
休憩のついでにダメモトでもう一度デジカメを取り出し電源オン!
はい、直った~~!って、をい!ちゃんと電源入りました…
さっきの電池切れ表示はいったいなに?
でもとりあえず山頂から記念写真をパチリ!

jinba.jpg

・・・・・・・
なんだか最近こんな写真ばっかり(^_^;)
前回の大山山頂からの写真もガスがかかっていましたが、今回も見事に
曇り空で富士山は見えません(涙)

仕方がないので「あの」白い馬のモニュメントを後ろから盗撮しますた~
ウマのケツ。
uma.jpg

昼食はおにぎり2個、それからアミノバイタル1袋。
売店でビールを売っていたので飲んじゃおうか…と思いましたが、誘惑に
負けずにガマンしました(*´д`*)ハァハァ
休憩時間30分。トイレもすませて復路を走り出します。13:00出発!

さすがに帰りは下りが多いので、先ほどの影信山通過が13:30前。
城山到着13:50。
ここからは往路の大垂水峠に行かずに高尾山方面へと走ります。
それにしても日曜日だけあってハイカーのかたが多いですね~。
もちろんランナーのかたにも何人かすれ違いました。

ハイカーが多いのと道が悪いためあまりスピードは上げられません。
しかも初めてのトレイルコースなので分岐のたびに立ち止まって確認します。
往路はふつうにピークを越えてきましたが、復路は疲れもあって極力
巻き道を通りました。

一丁平の展望台で立ち止まりましたが、やはり景色はいまいち…
サクッと立ち去ります。
もちろん高尾山頂は混んでいることが予想されたのでパス。
巻き道から稲荷山コースへと進みかけ…どうせなら6号路の琵琶滝コースが
面白いかな?と考えて6号路を下っていきましたが…これが大失敗。
日曜の昼過ぎということで駅まで歩く人で渋滞でした。
それでもグループのハイカーのかたは「下り特急が来たからよけて~」と
言って譲ってくれました。
せっかく譲っていただいたのですが、その先ですぐに渋滞してしまい…
またこの時間(13時過ぎ)になってもまだ上ってくる人がいます。
さすが都心から1時間の高尾山ですね。

その先はもう完全に諦め、みんなと一緒に歩きました。
で、琵琶滝コースと言えばこの沢づたいのルートで有名なのですが、この時期は
子供が水遊びをしていて気持ちよさそうでした。

no6.jpg


途中で何組もの家族連れにすれ違いました。
子供たちは一様に「もう着く?」とお父さんに聞いています。
たぶんその足だと…まだ1時間以上かかると思う(笑)

そんなこんなでやっと高尾山口駅前に到着!時刻は14時10分。
復路は2:40かかりました。
さて、ここからまたしてもあの有名な「ふろっぴー」という名の温泉に入り
着替えをしなければなりません。
急いでロッカーから荷物を出したところ…送迎バスが行っちゃった( ̄ー ̄;
時刻表を見ると、送迎は毎時10分とのこと。次のバスまで1時間!!
さすがにそんなに待つ余裕はないので、そのまま荷物を持って一駅だけ
電車に乗り高尾駅へ。そこから「ふろっぴー」まで歩きました!
15分ぐらい歩いたよ!

やっとふろっぴーで汗を流して、水風呂で膝を冷やし、着替えを済ませました。
そして風呂上がりの缶ビールをプシュ~~~
(゚Д゚ )ウマー
さて、今度は送迎バスに乗り遅れないように… (/||| ̄▽)/ゲッ!!!
次の高尾行きバスの発車まであと5分!!急いで会計をしようと思ったら…
受付は長蛇の列。ぎりぎり発車時間に間に合った!と思ったら、目の前で
発車(涙) 次のバスは30分後です…

と思ったらもう1台バスがいるではないか!ラッキー!!
と思ったら、そのバスは八王子駅行き。それでもいっか~と飛び乗ったものの
八王子までは30分近くかかりました。駅前の道、混んでるし…。
八王子からはJRでちょうど1時間で最寄り駅に着きました。
そこから我が家まで徒歩10分。さすがにしんどい(^_^;)

初めてのコース&単独走行で不安もありましたが、高尾山なら人も多くて
まず迷子になる心配はなさそうです。
ただし、曜日や時間を選ばないと人大杉wで走れないことも。
とはいえ、ハイカーからするとランナーは新参者・異端児でしょうからやはり
ランナー側が考慮するべきなんでしょうね。

【全行程距離・時間】
約37キロ (GPSロガー m-241データによる)
時間 6時間40分 (30分の昼食時間含む)

【持ち物・服装】
前回とほぼ同じにつき省略(笑)
ただし、ハイドレーションは不携行。500mlペットボトル2本。
アメ3つ。

20090705高尾データ
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/18-9d68f9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。