2017.09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.11
Homeスポンサー広告ランニング>GPSロガーM-241 & 通勤ラン

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.13 Sat

NO.13

GPSロガーM-241 & 通勤ラン

またまた衝動買い報告です(笑)
今回買ったのはこれ絵文字名を入力してください
Holux.jpg

「GPSロガー」っていうシロモノで、要するにGPS衛星からの信号をキャッチして
現在地を調べるシステムです。さらにこいつはそれを記録しておいて、あとで
パソコンなどにデータを吸い上げいろいろなことに使えます。

今まで日頃のジョギングコースの距離を測るのにこのようなサイトを使っていました。
事前にこのサイトで距離を測りながらコースを決めてその通りの道を走ってました。
途中ちょっと寄り道…とか、気が変わって別の道を…というときは、その道を記憶
しておいて、帰ってきてから上記サイトで距離を確認するしかありませんでした。
さらに途中の通過点を何分で走ったとか、急にコースを変更してしまうと計ることは
できません。

GPSロガーはその地点の位置情報、時刻を数秒ごとに記録してくれますので、
帰ってからデータを取り出し地図ソフトに読み込ませることで走ったルートの軌跡を
表示してくれます。さらにその軌跡にマウスポインタを乗せると通過時刻が表示
されるのでどの区間を何分で走ったかを知ることもできます。

さらにさらに(笑)
トレイルランなどで山の中を走るときはいっそうの威力を発揮します。
街中は先ほどのようなサイトで距離を計ることができますが、山の中の獣道wは
地図には載っていません。さらに標高差もありますので平面地図だけでは
どのような道だったのかを表現することは難しいです。

GPSのデータとこのようなフリーソフト(カシミール3D)を使うことで、標高差を
断面図のように表示したり、地図を立体的に3次元表示させることも可能です。

この機種は小さいながらも液晶画面がついており現在地の情報を見ることが
できます。万が一、山の中で迷子になったり遭難したときはこの情報を伝える
ことで自分の位置を知らせることができるでしょう。
そんなことには使いたくありませんが(笑)

またデジカメのExif情報とリンクさせることで、旅行先や山の中で撮った写真が
いつ、どの地点で撮影したものかがわかります。
パソコンで地図を表示させ、そこに自分が歩いた(走った)軌跡を表示し、途中
写真を撮ったポイントがマークされていて、そのマークをクリックすると撮った写真を
表示する、な~んてことが簡単に(?)できてしまうのです。

大きさは銀鉛フィルムのケースをちょっと細長にした感じ、単3電池1本で半日は
持ちますのでトレイルランニングの際にリュックに入れてもかさばりません。


ということで前置きが長くなりましたが(笑)、さっそく昨日これを持って新宿の会社
から浦和の自宅まで走ってみました。
先ほどデータを取り出し、Google Map上にデータを表示してみました。
当たり前ですが、昨日の夜私が走ったコースの軌跡が表示されました!
途中、首都高の高架下を走ったときにGPS信号を拾いそこねるのか、多少軌跡が
よろよろしています。(私がヨレヨレで走ってたから?( ̄ー ̄; )
それ以外はおおむねキレイに表示されました。

全行程24.5Km、走行時間2時間22分。

上記の地図サイトでは23キロちょっとと表示されていましたが、きっと首都高下で
ヨロヨロ走った分が多く計算されたのでしょう(笑)

来週の土曜日は雨が降らなければ丹沢の山を走りに行く予定!
もちろんこいつとデジカメを持って走ります。
単純に走ること以外にも楽しみがあると、走ることそのものもますます楽しくなる
かもしれませんね。
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/13-e006cafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。