2017.09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.11
Homeスポンサー広告ランニング>富士見高原八ヶ岳クロスカントリー【当日編】

NO.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.07 Sun

NO.12

富士見高原八ヶ岳クロスカントリー【当日編】

富士見高原八ヶ岳クロスカントリーの当日編です。

予定通り7時起床。朝食はご飯に納豆、インスタントのあさりのみそ汁です。
もちろんアミノ酸補給のためにVAAMやアミノバイタルも飲みました。
8時に山荘を出て、8時半会場到着。すぐに受付を済ませました。
会場の様子はこちら絵文字名を入力してください
8uketuke.jpg


ご覧のようなピーカンです!
そして普通のマラソン大会などと異なり、とても和気藹々とした雰囲気です。

ちなみにこんな山を上っていきます。
moutain.jpg

やがて開会式も終わり、10キロの部スタートの時間になりました。
私自身、平地でのマラソン大会以外に出場するのは初めてです。
どのようなペースで走ればいいのか、見当がつきません。
正直なところ「たかが10キロ」とタカをくくっておりました。

10時半になり、いよいよレースがスタートしました。
グラウンドを1周半し、そこから山道へと向かいます。
いきなり上り、そしてすぐに下って、一気に山道への入り口へ向かいます。

最初の山道は舗装路でした。しかし相当な勾配があります。
すでにここで歩いている人も多数いました。
その後道は砂利道へと変わります。
この時点ではすでに大半の人が歩いていたと思います。
もちろんトップランナーたちはとっくにこの道を走り去っていますが…。

私もこの時点ですでに歩き始め、昨晩の深酒を後悔しはじめましたw
ここで先日のトレランツアーで習った「後半のためにあえて歩く」を
実践しました。後にこれが功を奏します。
急勾配では走っても歩いてもそれほど速度は変わりません。
さすがに後ろから走ってきた人に抜かれると焦りますが、後半のために
ここはグッとこらえます。

そして最初の給水所。水を受け取りますが、苦しくて思うように飲めません。
とりあえず一口飲んで先へ進みます。
その後やや傾斜が緩やかになったので走り出しました。
ここで前半の作戦?が効いてきます。
上りで無理をして走っていたランナーたちが明らかにペースダウンしています。
その脇を悠々と駆け抜けました。

やがて折り返してきたトップランナーたちとすれ違います。
さすがの彼らも苦しそうな顔をしていました。
ここでも私の前を行くランナーたちのペースはかなり落ちています。
前半の貯金がものをいい、徐々に順位を上げていきました。

しかし時計を見るとこの時点ですでに40分以上経過しています。
とりあえずの目標が60分以内だったので完全に諦めモードです。
折り返しはまだか…と思っていたら、すれ違ったランナーが「もうすぐだよ!」と
声をかけてくれました。ここでもう一踏ん張りできました。

そして後半は一気に下りになります。
ここでも前半脚を使ってしまったランナーや下り坂に慣れていないランナーの
ペースがあがりません。
私は思った以上に脚に余裕があったので一気に駆け抜けていきます。

途中、会社の同僚にすれ違ったので「もう少しで折り返しだぞ!」と声をかけ、
また前のランナーを追いました。
山の中は土、もしくはウッドチップが敷かれていてとても走りやすいのですが
最後のほうは砂利道やアスファルトになり走りづらいです。

「あと1キロ」の表示を見てからゴールするまではとにかく長く感じました。
最後の小さなアップダウンでも心が折れそうでした。
さすがに下りはかなり飛ばしてきたのでいっぱいいっぱいです。

結局10キロを56分ちょうどのタイムでゴールしました。
何人参加していたのかわかりませんが、73位と記録証には書かれています。
目標の1時間切りは達成したので良しとしましょう!

同僚は私の10分後ぐらいに無事ゴールしました。彼は大会に出るのはまったくの
初めてなので完走できたことに感動していました。
2人で豚汁をいただき、会場をあとにしました。
ちなみに今回の参加賞はこちら絵文字名を入力してください
sankashow.jpg

これまでに何度かいろいろな大会に出ていますが、一番豪華でした。
その割に参加費は一番安かったと思います。
こぢんまりとした大会ですが、アットホームな感じでとても好感が持てました。
同僚も今から「来年も出る!」と言っておりました。

ところでこの後、温泉に入って汗を流してから帰ろうということになったのですが、
温泉に浸かって汗でびしょ濡れになった下着を穿きかえようとしたところ…

「パンツがない!」

私の換えのパンツがありません。
レース後は汗でびっしょりになるからと着替え用のパンツを持ってきたはずなのに
カバンの中をいくらさがしてもみつかりません。

もしかして会社の山荘に置き忘れてきたか、レース会場に落としてきたんだろうか…
どっちにしてもかなり恥ずかしいです。
なにより、せっかく温泉に入って汗を流したのに換えの下着がなくてどうしよう…
さすがにノーパンにジーンズは気持ち良い気持ち悪いので、しかたなく先ほどまで
穿いていたパンツをまた穿いて帰りました…(;´д`)トホホ

で、家に着いてみたら持って出たはずのパンツが置き忘れられていたという…( ̄ー ̄; 
スポンサーサイト

Theme:ジョギング・ランニング - Genre:スポーツ

Comment

わたしも以前パンツ忘れた

この大会、2度目ですが私も出ました。 きつかったですよね。 お疲れ様です。臨場感あふれる内容で、その時の様子が思い出されます。 さらに共感がもてたので思わずコメントいれました。 風呂に入った後のパンツ忘れ・・・ 私も、以前やりました。
ショックでショックで・・・しかし、走った後のぐしょぐしょのパンツを再度はく勇気が無く・・・私は、ノーパン・ジャージで帰りました。 ごわごわしてきもちわるいのですが、まあ、しょうがないですね。やはり、家に換えのパンツを忘れていました。 あー、思い出す。 それ以来、車のトランクにパンツ入れてあります。
景品が良い上に参加料がやすいのが魅力ですが、リュックの色が去年と同じだったと一緒に出た友人は、嘆いていました。 では、また来年?!

HIDEぽんさん

コメントありがとうございました!
私もこの大会は昨年に続いて2度目でした。アットホームな大会ですよね。
おっしゃるように参加費が安いわりに参加賞は豪華ですし。
ついでに後輩が抽選で信州そばを当てましたよ(笑)
ただ、参加賞は去年と同じ構成なので…リュックばっかりこんなに要りませんね(^_^;)

HIDEぽんさんはノーパン派だったんですね(笑)
でもジャージなら気持ちいいかも~
ジーパンはごわごわして痛そうw
Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://runcazzrun.blog72.fc2.com/tb.php/12-5c0a0647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。